右上に制服のおねーちゃん画像があるだろ?
こういうところに宣伝画像やアフィ貼って見たいと思わないか?
111

長くなるから、続きを読むに書く

やり方なんだけど、デザインカスタマイズでまずはCSSから触ってみる。
まずは検索で

div#sub {
    float: left;
    display: inline;
    width: 210px;
}


って部分を探してくれ。これがプラグインのレイアウトを制御するCSSの
始まりだ。この直前にこういうコード(下記の黄色)をコピペする。

div#ad420 {
    float: left;
    display: inline;
    width: 420px;
}


これでプラグインA・Bの2本分のスペースを確保できる。
次に貼りたい画像をアップロードする。
さっき420pxで場所を確保したけど、貼り込む画像は400px幅にしとかないと、はみ出すからね。

で、画像のURLをメモっておこう。
次にデザインカスタマイズのトップページをいじる。
(TOP以外にも貼りたければ個々のHTMLも触ってね)
まずは、コードを貼り込む場所を探す。

</div>
</div>
</div><!-- mainColumn End -->

ぷっこむ場所はこの部分

<div id="sub" class="column">


で、ここにぶっこむコードは下記。太字の部分は自分で書き換えるんだぜ。

<div id="ad420" class="column">
<a href="ジャンプ先のURL"><img src="画像のURL" border="0" alt="説明を書く" title="説明を書く"
 /></a><br><br></div>


これでOK! コードの最後に<BR>ってのが2つ付いてるけど、これは改行のコードだ。これを加えたり差し引いたりして、下のプラグインとの隙間を調整してくれ。
とりあえず、これが基本。

次にセクシースイミングで複数枚の画像をランダム表示する
スクリプトを加えて実装してみた。
あsfかsdfc

で、肝心の「ランダム表示」のコードだが、ここのサイトを使わせてもらった。

画像ランダム表示スクリプト生成

zxcv

で、さっきの書式の真ん中にここで吐き出されたコードを貼り付ける。

<div id="ad420" class="column">ここに貼る
<br><br></div>


と。まぁ、これからの流行で言えばゆっくり画像がスライドする
ボタンとか画像とか貼ったほうが目新しいかもね。
CSSで動かすらしいんだけど、今度実験がてらにここでやってみるわ。

「じぇいくえり」ってなんだ? わけわかんね